« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

ポジション改善

だんだん寒くなってきましたね。今年最後のイベントも終わったので少しポジションをいじろうと思っています。
今回はハンドルの高さ。
Dvc00015
こちらはCAAD10フレームに付いてきたCANE CREEKのトップカバー。高さが25mmあります。これ以上はハンドル位置を下げることはできません。この状態でハンドル-サドルの高低差が55mm。割と楽なポジションです。

これをFSAのトップカバー(高さ約9mm)に変更。
Dvc00016
トップカバー上に5mmのスペーサー2枚ですから、高さ約20mm。5mm低くすることができました。これでハンドル-サドル高低差60mm。これの方が実はあっている感じ。
上体の前傾も無理は無く、パワーも出せる感じです。

この冬のトレーニングを通して徐々に慣れていき、最終的にはスペーサーを全て抜きたいと考えています。あと10mm落とせるということですね。

ところで、どこのショップでもUltegra Di2は在庫を持っていないようですが、あるところにはあるんですね!カンパも電動化するらしいですし、話題なのでUltegra Di2に興味はあるのですが重量が悩みどころです。自分の構成の場合、少し安い金額でワイヤーのDura Ace化できるし、それだと今よりも100g以上軽量化できるし。多分そっちかな。
こういうことで悩んでいられる時は、楽しい時です。もう少し楽しもっと。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじのくにCYCLE FES. 2011 in 新東名

明日は、ふじのくにCYCLE FES. 2011 in 新東名、3時間エンデューロに参加してきます。高速道路上を走ることができるなんて滅多に?普通は無いですよね。今年参加する最後のサイクルイベントですからがんばります。
来週は今年最後のヤビツかな。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リクイガス キャノンデール ボトル

ボトルとボトルケージを替えました。
Dvc00013
Dvc00014
どっちが表か裏かは判りませんが、こんな感じです。Eliteのボトルですね。
だからEliteのボトルケージにはぴったりフィット。
Dvc00012
ボトルとボトルケージがフィットしないと、ガタガタ音がしたり、走りながらうまくボトルが取れなかったり、また収められなかったりと不都合が多いです。これで安心。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fi'zi:k CYRANOシートポスト

fi'zi:k CYRANOシートポストに交換してみました。
Dvc00011
サドルもfi'zi:kということで収まりはいいかなと思いました。

このシートポストの特徴はなんといっても、これ
Dvc00008
アジャスターホイール。これを回すことでサドルの角度を調整できるのです。
サドルの水平出しや、角度を調整するのってなかなかうまくいかず大体こんな位だろうなんてことも?でもこのアジャスターホイールは比較的楽に角度調整ができます。

それからこんな物も付いているんです。
Dvc00010
クランプの上に見えるシリコンラバーのグレーなやつ。これはシートチューブとシートポストの間に砂やゴミがたまるのを防ぐもの。雨の日に走ったりするとここに細かい砂が溜っていることがあり、ジャリジャリします。これがあるとそれが防げるということですね。いらないかなとも思ったのですが意外にいいかも。

今回私は27.2mm径の270mmを選びました。実測は、
Dvc00009
201g。ちょっと軽量化できました、10g位ね。

走ってみて感じたのは、少しソフトな感じになった?ような気がします。気のせいかもしれませんが。でも質感も非常に良いので気に入ってます。

明日は雨は止みそうなので、ヤビツ行ってきます!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Keep on Kovers

こんなのもあります。
Dvc00003
Keep on KoversというSpeedplay用のクリートカバーです。
しかし形状に特徴があります。
Dvc00004
カバーの中央に穴があいています。そうなんです、カバーを付けたままペダルに装着ができるんです。
実際にクリートに装着するとこんな感じ。
Dvc00005_2

装着して乗ってみると、特に引っかかりがあるとか、ペダルに載せる時に気を使うとか、全然ありません。クリート裸で使っているときと違和感は無し。

通常のクリートカバーの中央に穴をあけて使っている人もいるくらいですから、これがあるととっても便利ですよね。

パッケージにはこのカバーを使った場合と使わない場合の6ヶ月(4,000miles)比較写真が出ています。確かにずっとカバーをしっぱなしで使えればこれくらいの差が出ますよね。もっと早く知っていれば良かった。ZeroとLight Action共用です。

いろんなところ探しましたが、まだ日本のショップでは販売していないようです。オンラインでの直販オンリー。日本にも送ってくれます。興味のある方は是非下記アドレスをクリックしてみてください。
Keep on Kovers

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GRAND PRIX 4000S

暫くブログアップしていませんでしたが、その間に色々溜っております。
精算第一弾は、タイヤです。
Ksyrium Eliteに履かせていたPro3 Raceがひび割れを起こしてしまい、ほぼ同時にKsyrium SLに履かせていたPro3 Raceにカットが入ってしまいそれぞれタイヤ交換。

SLには買い置きしておいたPro3 Raceを、Eliteには耐パンク性能が高いと評判のContinental Grand Prix 4000Sを入れてみました。
Dvc00001
このタイヤ、巷では“グリップがいい”“転がりがいい”“耐パンク性能が高い”などと言われていますが、私の周りでは使っている人があまりいません。自分で使ってみるのが一番早いということで買ってみた訳です。

今日60kmほど走ってみましたが、確かに転がりはいい感じを受けました。Pro3 Raceも転がりはいいのですが、少し粘っとした感じを受けます。しかし4000Sの転がりはスーッと進む気持ちいい感じです。乗り心地はとても良かったです。

今日は峠の下りが無かったので、グリップ性能はまたその時に試してみたいと思います。

それから、帰ってきてタイヤを拭いた時に思わず“エー”っとびっくりしてしまったのですが、なんと新品タイヤに早くも穴が、、、
Dvc00002
しかし綺麗に整った2つの穴ですね、なんて実はこれ、交換時期を知らせるインジケーターなんだそうです。つまりこの穴が無くなると“そろそろ交換ですよ”ということらしい。
まあ親切と言えば親切ですよね。

さて、Ksyrium Eliteですが、受け取って少し走ってから振れ取り、ベアリング交換などメンテをしてもらいました。メンテ前と後で800kmほど走行をしましたが、CAAD10フレームとの相性はSLよりもEliteの方が良さそうです。これは一般的に言ってということで、つまり乗っていて楽だということです。両者リムが同じなのですが、スポークが違うだけでずいぶん乗り味が違う感じなんです。

エンデューロなどイベントではもちろんSLを使いますが、普段はEliteで十分ですね。ということで暫くはサイクリング程度であれば、Eliteで行こうと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »