« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

'10 Mavic Ksyrium Elite

WH-7900-C35-CLと'10 Mavic Ksyrium Elite交換しました。
Dvc00227
自分の走りと足に合わないC35をどうしようかと考えていた時に、欲しいという仲間がいたのでKsyrium Eliteと交換しました。中古で売ってもそれほど値がつくわけでは無いので、欲しい人に使ってもらえるのが一番。

そしてEliteを手に入れた目的は、

  1. SLとEliteの乗り比べ
  2. ロングライド・トレーニング用のホイール入手

と言ったところです。それからMavicブランドは基本的に好みということもあるかな。

判らなければ判らないなりにいろいろな物の違いを確かめてみるって面白い。ギア系スポーツはこれだから止められない。

じっくり乗った感想はまた後日。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小坪港 ゆうき食堂

昨日は小坪港のゆうき食堂まで緩ーい?サイクリングでした。

Dvc00226

写真の奥の方に見える青い看板がゆうき食堂。店内15、6席に店外に数席の小さなお店。しかし込みます、並びますと有名?
開店は11:30。私たちは横浜8:00出発で小坪港着が10:00くらい。開店までちょっと時間があるので、近くの遊歩道で暫く待ちました。でも昨日は11:00少し前くらいにはオープンして食べることができました。この前も11:00過ぎには開いてたな。
とにかくボリュームがあり、おいしかったです。
やっぱり11:30すぎると満席で外にもお客さんが待っている状態でしたよ。早めにいくのがお勧めですね。

ところで直前に替えたサドルですが、やっぱり快調でした!!
Dvc00221

Romin SLは、やはりヘタリが原因だったようですね。穴あきサドルはヘタリが早いって言うのは当たっているのかもしれません。このAntaresがどれくらい持つか、期待しましょう。

さて、次の話題として、、、WH-7900-C35-CLを放出!Ksyrium SLを使ってしまうと、C35の鈍さが際立ってしまって放出決意。私の足の問題もあると思いますが、どうにもパワーの入力に対して、、鈍い。私の足のせいだと思いますが、、、、

代わりに評価用にKysirium Eliteを入手。同じKysiriumファミリーのSLとElite、もちろん価格は違う訳だが、どれ位そのパフォーマンスが違うのか?試してみたくなりました。
一説によると、リムは同じで、スポーク材質・形状が違うと。その影響で剛性と重量に差が出ているとのこと。後、ハブも違う。Eliteのほうがロングライド向きとか。

じっくり試してみましょう!しかし、Kysirium SLは本当にいいホイールですよ!!反応の良さは乗ればわかる。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サドルを考える。

ロードバイクに乗る人たちにとって、サドルは悩みの多いパーツの1つだと思う。
私もロードバイクに乗り始めてすぐにお尻の痛みに悩まされた経験があります。その時、あるショップの方に相談し購入したのが、Specialized Romin SL。座骨幅を測っていただき、選択したのは143。
Dvc00218
ご覧のようにRomin SL(実測:209g)は穴あきサドルです。クッションはほとんどなし。触った感じは硬いです。しかしこのサドルの良いところは、中心にあいた穴です。この穴により男性によくある鼠蹊部の圧迫を軽減して痛みの改善してくれるのです。また自分の座骨幅にあったサイズを選ぶので、座骨脇の擦れによる痛みも軽減されます。
クッションはほとんどなしと言いましたが、実際にはこの穴あき部分がうまく撓んでクッションの役割を果たしているようで決して硬さを感じることがありません。

このサドルに交換してから、お尻に痛みが出ることは無くなりました。非常に優秀なサドルです。

ところが、最近またお尻に痛みが出始めました。痛む部分は座骨脇部分で、擦れるような痛みです。ポジションがいけないのかな?サドルの高さがいけないのかな?などと試行錯誤しましたが改善はなし。そんな話を別のショップの方に相談したら、穴あきサドルは穴が開いている分、撓みも大きいのでヘタリも早い場合があると。確かにどこかでその話は聞いたことがある。

私の場合、このRomin SLで約8,000km走行しています。使い方や自分の体重にもよると思いますが、そんなものなのかと、ある意味納得。

次はどうしようと考えたとき、以前にcannondale SuperSix Evoを試乗した時に付いていたサドルを思い出しました。
Dvc00222
fi'zi:k Antares K:ium(カタログ値:175g、実測:181g)
座面はほぼフラット。パッド少なめ。座面は広めです。座り心地は非常にフラットで、硬いという感じはしませんでした。Romin SLよりも全体的にフラットですから、長距離走る場合に、状況に応じての前後位置変更もスムーズかもしれません。

私の場合は、平地では、思いっきり後ろ寄りに座り、平地でパワーをかけるときや、上りの時には前側に座るような感じですのでその辺のところもフィ−リングが合うかもしれません。サドルの長さで言えば、同じfi'zi:kのArioneの方が長く、ポジション変更もしやすいと言われています。しかしサドル幅が若干狭い。ということでこのサドルに最終的には決定しました。

実際にある程度の距離を乗ってみないと何とも言えませんが、、明日天気も回復しているようなので、試してきます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大垂水峠は確実にのびています。

今日も仲間と大垂水峠まで、約120km。

いつものコースとは違い、帰りは町田街道を通って横浜まで戻りました。3連休最終日ということで、車はどこに行っても渋滞で、走り難い状況でした。 さて、大垂水峠の4kmですが、毎回確実にタイム更新しています。

5/1    13分57秒

使用ホイール - Shimano WH-7900-C35-CL
使用スプロケ - 12-25
平均ケイデンス - 66rpm

7/3    14分57秒

使用ホイール - C35 CL
使用スプロケ - 12-27
平均ケイデンス - 81rpm

9/18    13分40秒

使用ホイール - Mavic Ksyrium SL
使用スプロケ - 12-27
平均ケイデンス - 89rpm

10/10  13分19秒

使用ホイール - Ksyrium SL
使用スプロケ - 12-25
平均ケイデンス - 92rpm

はじめの2つは残念ながらタイムが逆行していますが、その後は確実にアップ。

傾向としては、高ケイデンスで、12-25のスプロケの組み合わせが良いようです。

前回9/18は平均ケイデンス90rpmを目指して、惜しくも89rpmでした。しかしその時の感覚で、上りの高ケイデンスは自分に合っているとわかっていました。
そこで今回は、スプロケを12-25に代えて、さらに90rpmを目標にして臨み、ケイデンス目標クリア、そしてタイム更新。目標を持っての練習はいいですね!

来週またヤビツでタイムアタックと行きましょうか。

ただし、問題も発生しています。 ここ1ヶ月くらいお尻の痛みに悩まされています。自転車に乗り始めた頃、私のお尻に激痛が走ったことを思い出しましたが、それとは少し違う。ちょうど股の間がいたくなる、擦れているようなそんな痛みです。激痛ではなく、ちょっとヒリヒリ感。こんなこと1年半以上なかったのにな、、、男性特有の尿道圧迫による痺れも、Specialized Romin SLに替えてから無くなったし、、、乗るポジションを変えてみてもいつも一緒。 色々調べ、またお店の人に聞いたところ、どうやら見解は一致。サドルのヘタリの様です。

ということは、次回のブログアップのタイトルは、“サドルを考える”になりますね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SIDI GENIUS 5 プロ

ニューシューズ投入。一緒に走る仲間も何人か履いているSIDI GENIUS 5 プロ ↓。
Dvc00214

今までは、シマノ SH-R087を履いていました。これ↓。
Dvc00087
↑フィット感は無難な感じでした。価格も○。ただ、まだ履いて1年なのに(走行距離ですと6,700kmほど)両足とも踵がすれてしまい、張ってあるヒールラバーもすり切れて無くなり、アウトソール自体がが削れてきてしまいました。何かで補修できないかと考えたのですが、ちょうどCRCでSIDIのシューズが安くなっていたので購入することに決定。

SIDI GENIUS 5の42サイズを選択。事前にあるお店でお願いしてサイズを見させてもらいました、中古だったけど。
SIDIには、メガというラストの広いバージョンも存在しますが、実際に足を入れると通常の物で十分に広い幅がある。

足入れ感はとっても良い。前足部には十分なゆとりがあり、ストラップで締めることでホールド力を調整できる。
土踏まずから踵にかけては確り感がいい。ヒールカップに関してはむしろ硬すぎるくらいに確りしている。
シマノのシューズを2モデル履いてきたが足を入れた時にホールド感を余り感じることができなかった、どちらかというとメリハリを感じないホールド感かな?
しかしSIDIは足の各部それぞれで必要なホールド感が与えられている感じを受ける。実際に走った時にこの感覚がどう出るのか?

さて実際に30kmほど走った感想ですが、足全体のホールド感もさることながら、ソールの違いを大きく感じた。いい硬さです。カチッとした感じが非常に良い感じで、シマノのソールとは違いを感じました。硬いソールは疲れると言いますが、どうなのでしょう?週末のロングライドで確かめてみましょう。

実はSIDIにしようと思った一番の理由がありました。
これです。
Sidgeni5p_2
赤い丸で囲んだ部分。ラバーヒールです。この部分は結構摩耗する。摩耗しきってしまうと、アウトソール自体を削ってしまうことになる。ですからここのラバー部分を自分で交換できるって言うのはメリットがある。
SIDIの場合、ここの部分のパーツ、ノンスリップ ラバーヒール というパーツを購入すれば済んでしまうのです。

SIDIには、このほかにも補習用パーツがラインアップされていてメンテナンス性も優れていると思う。やっぱり自分にフィットするシューズは長く履きたいと思うもの。補修パーツの充実は重要。

果たして長く付合っていけるかな?期待しています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンカー 日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル 結果

Dvc00208
サイクルパークフェスティバルの結果がやっと出てきた。結果は、
79位weep

最初の1時間は、かなりいいペースで、Garmin上では平均時速31km/h。一緒に参加した仲間と後退しながら引いていたのですが、体に異変が、、
左腿の表側が痙攣し始めました。ごまかしながらペースに付いていっていたのですが、1時間半位たった頃からごまかしがきかなくなり、仲間には先に行ってもらいペースを若干落とし走行を継続。
しかしやはりごまかしはきかず、左腿裏、右腿表、右腿裏とどんど悪化していく始末。ペースをアップダウンさせながらなんとか完走したという感じです。

目標は、平均30km/hにしていたので、ちょっと満足の行かない結果ですが、思いっきり走った結果ですのでまた今年の反省を来年につなげていきたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »