« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

三浦半島1周 + 湘南国際村

今日は、横浜→横須賀→三浦半島→湘南国際村→横浜、130kmのコースでした。

前半は平坦、後半にアップダウンの続く割と体力を消耗するコース。

途中、金田湾のレストラン金田でランチ。

レストラン金田

Dvc00203

写真は事情があって載せられないのですが、すごくおいしいお刺身でした。

その後は、三崎口を通り、134号線に入り湘南国際村へ。

湘南国際村への坂も距離は1.5kmほどなのですがそこそこ斜度もあり、坂の練習には使えます。ここもだんだん時間短縮できてきています。高ケイデンス走法が効いているのかも。

帰りは海の公園脇を通り、一路横浜まで。全行程130km、いい一日になりました。

もう今日くらいの天気だと、ニーウォーマー、アームウォーマーが必要ですね。涼しくからっと乾いた天候ですが、知らないうちに汗をかいています。こういう時も水分補給とエネルギー補給は重要ですね。

来週土曜日は、日産スタジアムのエンデューロに参加です。去年の反省を踏まえて準備を整えます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大垂水峠

昨日も暑い中大垂水峠まで行ってきました。
Dvc00202
写真は東京方面から撮っていますが、コースはいつもの横浜→相模湖→大垂水峠→八王子→横浜のコースになります。

日射しは強かったのですが風は乾いていて、汗がすぐに乾くそんな天気の中、約120kmを走り、皆さんそれぞれお疲れになったようです。

連休中日ということもあり、途中津久井湖→相模湖周辺は車の大渋滞。更に大垂水峠も東京方面から神奈川方面に向かう車は渋滞気味でした。

大垂水の約4kmの上りは一つの目標を持って上りました。平均ケイデンス90rpm。残念ながらGarminのデータでは平均89rpm。自分としては、軽いギアで高回転で上る方があっているようです。足への疲労度がずいぶん違う感じです。

最近は峠コースが多くなっていますが、来月始めの日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルの三時間エンデューロに向けて平地高速維持の練習をしようかと思っています。ここでも高い回転数を維持しながら高速維持できるように。久しぶりにホイールも入れ替えます。

次回は土曜日三浦半島一周です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンカー 日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル

参加案内書届きました。
Dvc00200

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Speedplay Zero Stainlessインプレッション

Speedplay Zero装着から200kmほど走りました。

Speedplayを使っている方のほとんどが言われているように、最初はステップインに戸惑う。なかなかステップインできない。
暫く走りながら、探りながらだんだんと、どうやればステップインすればいいかわかってくる。自分の場合は、シューズをペダルに水平においてから下に力を少し入れて左右に少し振る感じ。少しねじ込むような感覚で、“パチッ”といい音ではまります。力はほとんどいりません。慣れてしまえば、SPD-SLやLOOK Keoよりも楽に、さらにステップインのミスもなくなります。だって、ペダルの両面どちらでもステップインできるんですからね。

外すのは本当に誰でもできると思います。ヒールを外側に振るだけ。力もほとんどいらない感じ。

ペダリングの安定感は?始めは簡単にペダルから外すことができるので、ダンシングをした時などに外れるんじゃないかと心配でしたが、そのようなこともなく、非常に安定しています。ただ、ここの調整が必要!↓
Dvc00199
この左側に見える二本のイモネジ。これでフローティング角度を0°〜15°まで調整できる。つまりHeel In(写真の上側)とHeel Out(写真の下側)を最大に緩めるとフロ−ティング角度が最大になり、両方を締めていくことで固定にもできる。

フローティングすることで膝に優しいということなのですが、その角度の好みは人それぞれですので、調整が必要。あまりフローティング角度を開いておくと、上りでダンシングする時に“ニュル”とずれるような感覚になってしまいます。

私は写真のようにHeel In角度(踵側がクランク側にずれる角度)を小さめに、そしてHeel Out(踵が外側にずれる角度)を少し大きめにしています。この位がちょうどいいようです。

それから、これが一番良かったところ!ペダル軸を感じながらペダリングできる!力が伝わっている感じを、足裏で感じることができる。ソールからペダル軸までの距離が近くなった分、ダイレクト感が出ているものと思われます。

このペダル装着前に、クリートの位置決めが細かくできるので逆に面倒だなと思っていたのですが、その考えが逆でした。
Dvc00198
Speedplay Zeroの場合シューズの三つ穴から四つ穴に変換するアダプターで縦の前後位置を決めます。更にクリートで横位置を決めます。つまり縦と横位置をそれぞれ別々に決めていくのです。手間が増えるので面倒だと考えていましたが、SPD-SLやLOOK Keoのクリートのように斜めにクリートが動かせるということがないので、シンプルなんです。位置決めしながら、“あ、またずれちゃった”なんてことがないんですね。
そういった意味で、クリートの位置がなかなかいいところにもっていけないなんて悩んでいる方にもお勧めですね。

更に多くの方が問題視しているクリートを止める4本のネジ。緩む、外れるなど苦労している方が多いようですが、今のところ問題なし。

装着から約200kmの走行ですが、よく外す左側のクリートは写真のようにずいぶん傷がついていますね↑。走行中は仕方ありませんが、下りた時は、これが必要です。↓
Dvc00191
Coffee Shop Caps。歩行時の滑り止めと、クリートの保護に必須です!ペダルを購入する時、一緒に購入することをお勧め。

今後走行距離が増えて気がついたことはまたインプレします。メンテナンスに関しても!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤビツまで + cannondale SuperSix Evo試乗

今日は、も??ヤビツ峠まで。しかし今日が一番キツかったbearing
Dvc00195
先々週は曇りで非常に快調でした。コンビニから峠まで43分22秒。名古木交差点からコンビニまでは約4分でアップをかねて走ったので、合計47分くらいですか。

9月に入り爽やかな日が続いていたので今日も期待していたのですが、めちゃくちゃ暑かった。結果は、コンビニから峠まで46分19秒。前回から約3分オーバーcrying

6km位上ったところで暑くて、更に湿度があまり高くないので喉が渇いて、、ちょっと気持ち悪くなり、、大変でした。何度も“下りようかな?”なんて悪魔の囁きを聞きながら、頭の中でコーラの缶を思い浮かべてなんとか上りきりました。

前回とほぼ同じメンバーで行ったのですが、不思議なことに皆3分から4分くらい前回よりもオーバーしていました。やっぱり暑かったからかな?

しかしもう9月、峠は爽やかで涼しい風がふき、少し秋を感じることができました。

安全走行で下山し、ラーメン研究所でラーメン。
Dvc00196
ここ結構人気あるみたいで、味もすごくおいしい。
伊勢原には、味噌味のラーメン研究所があるらしい??

途中仲間と別れて、一人横浜まで。いやー、ここからがキツかったんです。2回もコンビに休憩いれて、最後の1回は日陰に暫く座って完全リカバリー休憩になってしまいました。
終わってみると今年一番疲れた1日になってしまった。

キツいキツい1日の最後は、最新バイクの試乗で終えることになりました。
試乗させていただいたのは、
Supersix_evo_duraace
SuperSix EVO DuraAce。ペダルを付け替えていただいて、トップチューブを持ち、上げてみると、、、軽〜い。さすが最軽量フレームだけあり、すごい。
乗り心地はというと、プロ選手も使うフレームということもあり、柔らかくはないです。カチッとした感じ。衝撃吸収はCAAD10フレーム同様に確りしてくれているので、固くて乗り心地が悪いということはない。

自分のCAAD10もペダル付けて7kg少々なのですが、とにかくEVOは軽いので漕ぎだしがクイック!50-19のギアで信号ダッシュしても“ぐいっ”と出て行く感じではなく“パーン”とスタートできる感じ。

それから、この軽さはヒルクライムで試すと更に違いを感じることができそう。

ショップメカニックの方曰く、120万円するEVO ULTIMATEはなんと、、4kg台だそうです。さすが。

これ以上考えると欲しくなってしまうのでこの辺にしておこう。

話を戻して、、、次回はもう少し涼しくなってから、ヤビツ再チャレンジしてこよっとhappy01がんばります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Speedplay Zero Stainless装着完了!

Speedplay装着完了!
Dvc00190
小さいですね。脱着にはペダルレンチを使います。最近のペダルはアーレンキーのみ対応のものが多いですが、Speedplayはペダルレンチのみ。モンキーレンチでもOKかな。グリースをしっかり付けて装着。

続いてクリート装着。
はじめに三つ穴から四つ穴に変換するベースがあります。
Dvc00187
これを装着。
Dvc00188_2
中央に線が入っていますが、この線を拇指球の位置にあわせて固定します。

そしてその上にクリートを取り付けます。
Dvc00189_2
上下四角で囲っている部分のネジ四本でクリートを固定します。しかしこれが曲者のようです。しっかり固定しようとしてキツく締め付けすぎるとペダルへの脱着ができなくなります。矢印で示している金属のC型のリングが動いてペダルに固定されるのですが、4本のネジを締めすぎると、このリングが動かなくなってしまうのです。ではどれだけネジを締めればいいのか?説明書には、“ネジの締め付けに抵抗を感じたところから1/4回転以上は締めないでください。”

しかし、ネジの締め付けに抵抗を感じたところとは、、人それぞれ違ったりするんですよね。感覚に頼るところはあまり信頼しない私は、別途指定されている締め付けトルク数:2.26N-mをトルクレンチで締め付けます。実際にトルクレンチで締めてみると結構締め付けてる感じがします。プラスα、ネジにはロックタイトをつけてネジの脱落防止!
手でC型リングを動かしてみると、確りと動くので問題なし。

それから、この4本のネジを締め付ける際に、クリートの横位置、所謂Qファクターの調整も可能。はじめは、ほぼ中央に取り付けて後日調整します。

最後に左右の振れ幅も調整可能。0°〜15°まで調整可能です。楕円の丸で囲んだ部分のネジ二本で調整します。上側がヒールイン調整。下側がヒールアウト調整。私はあまりヒールインは必要ないので、ぎりぎりまで狭めます。ヒールアウト側も全開のちょうど半分くらい。

室内で実際にペダルへ脱着を試してみました。問題なし。今までのSPD、SPD-SL、LOOK Keoとは勝手が違うようです。実際に走りながらその感覚はつかんで行こう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Speedplay Zero Stainless到着

色々とペダルを考えたのですが、結局これにしました。
Dvc00185
Speedplay Zero Stainless。これ、自分的にはダークホースだったんですけどね。本命は↓

ペダルを考える。

装着、使用感はまた後日レポート。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南平はいつもキツイ!

日曜日は、湘南平でした。台風の影響もあり少し危うい?感じでしたが、天気の大きな崩れはなく楽しく行ってきました。

湘南平は約1.6kmほどの短い坂なのですが、勾配が9%から12%位のわりとキツイ坂なのです。

キツイ斜面が苦手な自分としては、良い練習になります。

今年の4月に始めて行った時、9分28秒もかかってしまいました。できる方は、なんと5分少々で上ってしまう、、そうです。

そして、2回目の7月、8分44秒。さらに今回、8分20秒。まあ少しずつですが良くなっています。坂を極めるには、後3キロほど体重を減らそうかなと、努力bearing

今週末は、上りフェチ仲間と再ヤビツの予定。東京ヒルクライムOkutamaステージ以来の仲間もいるので楽しみです。

新兵器投入でタイム短縮できるか?目標は、コンビニから峠まで40分。がんばろっと!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »