« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

今日は湘南平まで

今日は湘南平まで往復99.1km。

Dvc00122

湘南平に登る最後の1.6kmは非常にきつかったです。でも初めてのところだったのでこんなモノかな?ある人はココを5分くらいで登るらしいけど、私は9分かかりましたweep 次回はもっと早く登れるように頑張ります。 さて今日は134号線茅ヶ崎辺りで落車をしてしまいました。先日のCAAD9廃車事件もそうですが、事故の見た目とは逆に本人は無傷でした。
今回はヘルメットが割れてしまうという悲劇は起きましたが、
Dvc00123
このおかげで大事には至らずと考えて良しとしておこうと思います。

落車して打ち付けたり、割れたヘルメットは強度が保てないため使うことが出来ないようです。安全のため。ですのでこれも新調しなくてはcrying

さて次回は去年の秋に絶好調で行った大垂水峠あたりになるかと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活の観音埼

先月末、CAAD9廃車時のルートに今日は復活CAAD10で。

観音埼手前のアップダウンでも、CAAD10+C35 CLの実力発揮good軽快に走り抜けました。 CAAD10フレームとC35 CLの特徴も段々つかめてきて、徐々に調子が出てきました。来週もどこかに行こう!天気次第。 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bento 4を使ってみる。

或るエステティックサロンの顧客管理のために初めてデータベースのアプリを使ってみました。Mac使いなのでFileMaker Proと行きたいところですがデータベーアプリ初心者としては敷居が高いのでBentoにしてみました。

カードタイプのデータベースソフトで難しいことを考えずに色々入力ができてしまう。

今回はエステティックサロンの顧客データベースを作るのが目的でしたので早速必要なフィールドを整えて入力。データベースを作ったらエクセルファイルに書き出して納品。

さらに、Bento for iPadともファイルの同期ができるので、外に出ていてもファイルの編集ができてとっても便利。

これからもっと使い込んでいこうと思います。まずは無料評価版でお試し!

Bento無料評価版

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WH-7900-C35-CLインプレ

DURA ACE C35 CLのインプレです。

CAAD9の時には同じシマノのRS80を入れていました。このホイールは前後合わせて1,500g強で値段はメーカーの希望小売価格で\66,006-。ミドルグレードの軽量ホイールでCAAD9完成車の上位グレードにも使われています。私の印象としては、登りでとても楽なホイールでした。

今回のC35 CLですが、重量的には前後で1,600g強と少し劣勢。しかしリム高が35mmということでやはり平地走行ではその違いを体感出来ました。具体的には35km/h位から速度の維持が楽になり、私の足でも40km/h位まではスーっと伸ばしていける感じです。これがエアロ効果か?

RS80もよく回るホイールでしたが、35km/hから40km/h維持はとにかくペダルを必死に回し続けるしかない、、、結構キツイ場面がありました。
110412caad10

登りに関しては、ヤッパリちょっとだけきつかった。場所はお馴染み湘南国際村登り。CAAD9+RS80の時には12-25Tのスプロケで25Tは一度も使わず登っていったのですが、今回C35 CLでは最後の25Tまで使いきりましたcoldsweats01
登り中心の時は27Tまで入れればいいんだけど、暫くはこのままでトレーニング。

下りでは驚きがここにも。これはフレームの影響だと思うのですが、すごく安定感を感じ安心してペダルを踏んで下っていける、そんな感じでした。コーナーリングでも高速でほぼ思ったとおりのラインを取っていける。下りがうまくなったと勘違いしてしまいましたthinkCAAD10ではヘッドチューブ周りの剛性がアップしているらしい。見た目でもしっかりした感じはあります。これの影響は大きいですよね。

今回も素人インプレですので細かいところはご容赦くださいcatface

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CAAD10インプレ

昨日は久しぶりに自転車にのることができました。
CAAD10初乗りでキャノンデールのアルミフレームがシッカリ進化していることを確認できた。

一番強く感じることができたのは、振動の吸収性能。CAAD10にはSAVEマイクロサスペンションシステムが搭載されている。以前のCAAD9にはアワーグラスシートステー。↓

Photo_2

砂時計型にカーブをした美しい形状。これが機能して、小刻みに衝撃を吸収していることがわかった。

では、CAAD10のSAVEマイクロサスペンションシステム↓ではどうか?

Dvc00115

形状的にはストレートに近くおとなしい感じ。実際に走ってみると。実は何も感じない?これはネガティブな感想ではなく、衝撃を殆ど感じないという意味。というよりは衝撃を吸収していることを認識できない。なんと言ったら一番わかり易いかと、、、つまり進化しています。荒れた路面などではCAAD9よりも走りやすいです。ロングライドなどでは体への負担が少なく楽になるのではないかなと思います。

CAAD9でも十分に走りやすかったのにアルミとはいえまだまだ進化しているなと驚きです。完成車購入後にいいグレードの軽量ホイールに入れ替えて乗れば戦闘力アップ!

結構CAAD10は売れているらしいのですが、外を走っていてもまだあまり見かけません。もっと仲間が増えてほしいな。

登り、下りのインプレはまたホイールのインプレと合わせてscissors

(素人インプレですので細かい部分は勘弁して下さいcoldsweats01

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CAAD10納車されました!

Dvc00114
写真では判り難いですが、Black Anodizedです。ショップの方曰く、黒の塗装ではないので傷が付きにくいそうです。
Anodizedって?
“anodizeは陽極酸化するという意味で、電気分解で陽極酸化して金属表面に薄膜を作って金属を保護するための工程。”
ということで普通の塗装よりも表面が傷つき難くなっているのですね。

ホイールは、
Dvc00115
Dura Ace C35 CL。
リム高がRS 80よりも11mm高くなっている。ほんの1.1cmですが見た目はずいぶん違います。ある程度のエアロ効果は望めそう。

早速明日湘南国際村までテストライドしてきます。適度な上りもあるのでCAAD9との違いがわかると思います。またインプレ(素人インプレですが、、)しなくちゃwink

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CAAD10フレームのカラー変更

来週納車予定の私のCAAD10、フレームカラーは、
1caad10_3ultegra_wht
このMagnesium Whiteの予定でした。
フレーム売りのカラー設定は、基本的にこのMagnesium White↑と
1caad10_3ultegra_grn
Berserker Green↑の2色。

しかし今日ショップから“限定でCAAD10 1 Dura Aceで設定されているBlack Anodized↓のフレームが入荷したので押さえました。”との連絡が。
1caad10_1duraace_bla
廃車になったCAAD9もBBQカラーのブラック。あの締まった感じが良かったので、迷わず頂きました。
フレームもホイールも入荷し、後は組み上げていただくのみ。Specはこんな感じになり、

Frame: CAAD10
Wheel: Shimano Dura Ace C35 CL

Crank: cannondale Hollowgram Si SL
STIレバー: Ultegra 6700
Brake: Ultegra 6700
Rear cogs: Dura Ace 7900 12-25
FD & RD: Ultegra 6700
Chain: Ultegra 6700
Pedal: Ultegra 6700
Saddle: Specialized Romin SL
Stem: Specialized Pro-set Stem
Seat post: Dixna 1ボルトシートポスト
Tyre: Michelin Pro3 Race

赤字のもの以外CAAD9から流用できましたgood
早くコイコイ、、

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

乗れない間の覚書 タイヤ、ホイール編

CAAD9の廃車に伴い、CAAD10納車までの間自転車にのることができません。自転車トレーニング自体はお休みですが、カラダを鍛えることは止めません。この2週間の間は5kmのランで調整します。

自転車に乗れないので基本的に書くことがないのですが、それではつまらないので、最近交換したタイヤ、フレームと共に大きなダメージを受けたホイールの簡単インプレッションをしておこうと思います。

タイヤは、Vittoria Diamante ProⅡから定番のMichelin Pro3 Raceに変更でした。Diamante ProⅡの推奨空気圧は7〜10bar。私はフロント8、リア8.5で使用。走行距離4,000km。2,000kmで前後交換。このタイヤグリップもまあまあよし、耐久性は4,000km走行でパンクゼロ、タイヤ表面に目立った傷もナシと普段使いには非常に良いと思う。まあ最後の方は流石にグリップ力が低下してきていましたが、コストパフォーマンスは良いのではないかと思います。

そして交換したPro3 Raceですが、こちらはロードバイク乗りの定番中の定番ですよね。色々なところでインプレッションされていますが、タイヤ交換してすぐの感想としては、

  1. 速度が上がってくると非常に楽になってくる。つまり前に進む感じを受けます。
  2. 漕ぎ出しから低速時(時速20km台)まで少し重さを感じる。
  3. 下りのコーナーリングはとってもグリップする。安心してコーナーに入っていける。

まだまだ乗り始めですのでこれから違った感じも出てくるとは思いますが、取り敢えずはじめの感想です。おそらく2番目の重く感じた理由としてはPro3 Raceの推奨空気圧が影響していると思います。Michelinの推奨空気圧は、
Pressurechart121405b
私の体重だと7.2barくらいでしょうか。今までは8から8.5bar辺りで入れていたわけですからかなり柔らかい。これは漕ぎ出しにも影響するのではないかとの素人分析です。

ファンが多いだけにやっぱり良いタイヤなのではないかなと思います。CAAD10納車後はじっくりとそのパフォーマンスを見ていきたいです。

次にダメージを負ったWH-RS80-C24-CL。
その前はMavic Aksium Raceでしたが、RS80は明らかに軽い。そして柔らかい乗り心地。漕ぎ出しからの軽さはまさに驚きでした。Aksiumの時には苦労していた坂もRS80では自分の体力が驚くほどアップしたと勘違いするほどパフォーマンスアップ!とにかくコストパフォーマンスの高いホイールです。完成車についていたホイールではチョット満足できなくなった方にはお薦めと言える。
またゆっくりとロングライドする時にもいいかも。衝撃の吸収性能も高いですしね。さすがカーボンラミネートのリムですね。
ただし難点も、少し速度が上がってくるとその速度を維持するのが難しい。私の脚力の問題もあり?なんですが、特に感じるのは時速30km〜40km位で維持するのが結構辛かった、、、おそらくホイールの特性から高速で維持することに重点は置かれていないのかも??しれませんね。素人分析で申し訳ないthink

このあたりの特徴は次のホイールDura C35 CLと比較できるかなと思っています。

う〜ん、こんなコトを書いているとCAAD10の納車が待ちきれなくなってきたcoldsweats01
来週には新車お目見えです。楽しみ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »