« ハンドメイドフェルトケース for iPad | トップページ | iOS 4.3アップデート間近! »

ERGON TP1 Pedal Creat Tool

今月初めにBG FITをうけ、その後約300kmほど走りました。以前よりもいろいろな部分で快適にライディングをすることができています。実際にここが良くなった!と強く感じる部分は2点。

  1. 左膝の痛みの解消。
  2. 100kmを超える位から二の腕あたりが痛くなってくることの解消。

膝の痛みは、クリート位置の変更が大きく貢献しているようです。膝が内側に入り込んでペダリングすることがなくなり、真直ぐ下りて効率の良いペダリングができていると思います。

二の腕の痛みに関しては、ハンドルまでの距離(ステム100mm→75mm)を短くしたことで、脇の角度に余裕も持ってライディングできるようになったことが影響している感じです。ブラケットを握っても、下ハンを持っても良いポジションで乗れていると感じます。

全体的なバランスも良くなり、以前は手放して乗ると安定性があまりなかったのですが、このセッティングでは手放ししてもペダリングが安定してできるのです。不思議。

前置きが長くなりましたが、クリート位置はミリ単位で調整をしていったので、クリート交換をする際に自分で同じ位置にセットできるかがとっても心配でした。そこでこんな道具を見つけました。
Dvc00085
ERGON TP1 Pedal Creat Tool

Dvc00088

シューズを穴の開いた部分にセットして、

外側の目盛①↑でクリートの前後位置調整、

Dvc00089

内側の目盛②↑で横位置(Qファクター)の調整、

Dvc00090

そしてヒール側の目盛③↑で足(Foot)の角度の調整をすることができます。

つまり、BG FITで調整したクリート位置をこれでミリ単位でチェックしておけば、左右ともに同じ位置にクリートを乾燥することができるという訳です。

メーカーのサイトに“How to”ビデオ↓がありますので是非参考にしてください。

TP1 Shimano SPD-SL®

クリート交換の時に以前と同じ位置にクリートをセットするのは意外に難しくて面倒。でもこれがあれば簡単にクリートセットができるようになりますね。

ERGON TP1 Pedal Creat Toolには、SPD-SLのほかにもSPD, LOOK Keoなどに対応した製品もあります。

クリート位置は微妙な調整が結構大きく影響してくるのでこのようなツールは本当に助かりますね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

|

« ハンドメイドフェルトケース for iPad | トップページ | iOS 4.3アップデート間近! »

Bicycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189720/38998594

この記事へのトラックバック一覧です: ERGON TP1 Pedal Creat Tool:

« ハンドメイドフェルトケース for iPad | トップページ | iOS 4.3アップデート間近! »