« cannondale ホログラム Si Sl チェーンリング再交換 | トップページ | 今日は仲間と海の公園まで »

Escape R3.1シートポスト交換 - 写真追加

Escape R3.1にはもともとサスペンションシートポストが付いていて、街中での段差乗り越え時の衝撃吸収が考えられています。しかし長距離ライドにはチョット向かない感じです。理由としては、足の力を無駄なくペダルに、また自分の体力を無駄なく使いたいのにサスペンションシートポストが力を逃してしまう感じがするのです。

そこで、うちの奥様もだんだんと自転車にのることに慣れてきて、長距離も行けるようになったのでノーマルなシートポストに交換してしまうことにしました。

今回選んだのは、
Dvc00042
DIXNA アキレスシートポスト。オフセットが25mmのタイプ。このシートポスト、非常にリーズナブルなプライスで、さらにアルミのわりに軽量です。オフセット35mmのモノもあります。

実は私もCAAD9にもコレを使っているのですがプライスのわりにいい出来です。

オリジナルのサスペンションシートポストは、チョット重量級。まあコレは仕方ないか。
Dvc00045
これだけで150gの減量です。

今回のアキレスシートポストはオフセットが25mmあるのでオリジナルより約10mmサドルを後ろに引くことができリラックスポジションを作ることができます。

因みにEscape R3.1に付いているサドルは、
Dvc00046
337.5g。そのうちこちらも少し軽量なコンフォートサドルに変更してあげましょう。

私がR3.1に乗った時に感じたのは、シッカリとパーツを組み替えてあげて、更にポジションも考えながらセッティングすれば、かなり乗りやすくなるということです。

コストをそれほど掛けずに次に出来ることとして、

  1. ステムを逆にしてハンドル位置を少し下げる。
  2. グリップをエルゴノミックタイプに変えハンドルを握りやすくする。
  3. バーエンドを付けてさらにリラックスポジションを出せるようにする。

ここまでやれば長距離のってもそれほど疲れなくなるのではないかと思います。

*写真追加

Dvc00075

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

|

« cannondale ホログラム Si Sl チェーンリング再交換 | トップページ | 今日は仲間と海の公園まで »

Bicycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189720/38569250

この記事へのトラックバック一覧です: Escape R3.1シートポスト交換 - 写真追加:

« cannondale ホログラム Si Sl チェーンリング再交換 | トップページ | 今日は仲間と海の公園まで »