« 南房総サイクリング | トップページ | ぽかぽか陽気のサイクリング - 海の公園まで »

Scott Speedster S55の旅立ち - 輪行箱の活用

ロードバイクに乗り始めてから暫くお世話になったSpeedster S55を旅立たせることにしました。今回は知り合いがロードに乗りたいということで譲ることに。嫁ぎ先は大阪です。
Img_0444
自転車を遠方に送るのって実は難しい。本人が一緒に行くなら輪行バッグに入れていくことができますが、宅配便は使えるのかな?

S急便、Y便などに電話で確かめてみたがどうもやってくれないか配送料が高い。更に調べると輪行箱なるダンボール箱を販売している会社があった。
BTB コーワ㈱
輪行する手順で自転車をダンボール箱に入れて遠方に送る、そのための何度でも使えるダンボール箱のキットを販売しています。今回はこの箱とオプションのクランクアップブロックを購入。

そして再度S急便、Y便に料金確認をしてみると、Y便は“自転車配送はやっていない”という回答。S急便はやってくれるようだった。ただ今回受け取る先方がY便希望だったので、更に調べると、(財)日本サイクリング協会でサイクリングタグを発行していて、コレを付けるとY便で配送をしてもらえるということがわかった。(でもY便の営業所の方々はどうもこのタグの存在を知らないらしいので説明が必要かも)

(財)日本サイクリング協会
Photo
コレがそのタグ。ご覧のようにプラスチック製でなんどでも使える頑丈な物。コレを手に入れるには日本サイクリング協会の会員になり、現金書留で1,000円を送る。そうするとこのタグを発行してもらえるのだ。これは会員一人に対して一個のみ。

日本サイクリング協会の会員になるとこのタグもそうだが、自転車保険に加入できたり様々な特典があるからいいかも。私とうちの奥様は以前から日本サイクリング協会の会員で保険に加入していたので二人分を送ってもらいました。

いよいよ、Speedster S55を輪行箱に収納します。
Img_1177
前輪後輪を外します。
Img_1178
そして箱に入れる。
Img_1179
そのままだとチェーンリングが箱の底に接触してしますので、オプションで購入したクランクアップブロックを箱の底に置いて写真のようにペダルを載せる。そうするとチェーンリングが底につかない。
Img_1180
車体の左右に前輪後輪を収める。その時にクイックレリーズで箱やフレームに傷をつけないように余ったダンボールなどで挟むと良い。

さらにサドルが箱から飛び出してしまう場合はシートポストごと抜くか、サドルを一番低くして高さを調整。
Img_1181
ご覧のとおりにキレイに輪行箱に収まりました。

この箱に先程のサイクリングタグをつけて、Y便に集荷してもらうか営業所まで持ち込むかすれば遠くまで自転車を運んでもらえます。

大事な自転車を運んでもらうための安全な方法ではないかなと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

|

« 南房総サイクリング | トップページ | ぽかぽか陽気のサイクリング - 海の公園まで »

Bicycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189720/38158745

この記事へのトラックバック一覧です: Scott Speedster S55の旅立ち - 輪行箱の活用:

« 南房総サイクリング | トップページ | ぽかぽか陽気のサイクリング - 海の公園まで »