« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

Twitterマーケティング - インプレスジャパン刊

昨年後半位からTwitterが話題になってますよね。今日は本屋さんで見つけたTwitter本を紹介します。

インプレスジャパンから出ている“Twitterマーケティング”
Twitter_marketing
マーケティング業務に従事している私などは、タイトルみただけで読みたくなる感じですよ。
Twitterって?というところから、ビジネスにおける今後の可能性、活用法。
さらに参考になるのは、実際にTwitterを使っている企業のケースなどをのせており解りやすい。


マーケティングに携わる人たちは、みんなイノベーター、アーリーアダプター的な人たちが多いように思うかもしれないが、私が感じるところ一般企業のマーケティング部員は、意外に保守的だったりする。是非こういった本を参考にしていろいろチャレンジする必要性を感じてほしいですよね。Twitterのいいのは、手軽に始めることができるところ。
社内ではそれをどのようにマーケティングに活用するかの社内プレゼン重要ですけどね。
大企業ほど難しいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Snow Leopardクリーンインストール

SSDに換えたことでもあるし、一度中身をきれいにしようと思いSnow Leopardをクリーンインストールしました。
インストール前に、

  1. iTunesほか各種データのバックアップ。
  2. iPhotoライブラリーをAirMac Extreamにつないだデータ保存用の共有SSDに移動。
  3. インストールしたが使っていないアプリケーションの仕分け。

クリーンインストール前の本体ディスク使用量は、43.5GB。

そしてクリーンインストールして、バックアップデータを戻し、必要最小限のアプリケーションの再インストール後のディスク使用量は、24GB。-19.5GB。かなりダイエットできた。
何がこんなにいっぱいあったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Intel SSD やっぱり早い!

中身がIntelなASINTS-80GM-CSA

以前MacにSSDを入れていたことがあるのですがプチフリがひどく使うのをやめました。最近はこのプチフリの原因であったチップではないプチフリレスなSSDも出ていますが、その中でも今回えらんだのは、A-DATAというブランドのASINTS-80GM-CSA

13510310 実はこいつの中身は、Intelの X25-Mなんです。IntelのSSDって初めて使うんですけど評判はイイようです。
Intelの本家のものとA-DATAのOEM版で何が違うかというと、価格と保証期間。価格はA-DATAの方が少し安い。保証期間は、Intelが3年間、A-DATAが1年間。
私のMacBookは、Late 2008のアルミボディ、2.4GHZ。250GBのHDDと2Gのメモリーが標準でついています。Xbenchのデータを見てみると、

Disk Test    45.98   
        Sequential    80.02   
            Uncached Write    94.32    57.91 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    79.64    45.06 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    57.60    16.86 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    105.64    53.09 MB/sec [256K blocks]
        Random    32.26   
            Uncached Write    11.53    1.22 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    77.17    24.71 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    64.58    0.46 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    113.03    20.97 MB/sec [256K blocks]

今回換装したA-DATA ASINTS-80GM-CSAのデータを見てみると、

Disk Test    253.29   
        Sequential    163.65   
            Uncached Write    142.82    87.69 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    127.34    72.05 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    139.32    40.77 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    414.93    208.54 MB/sec [256K blocks]
        Random    560.05   
            Uncached Write    657.99    69.66 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    254.46    81.46 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    1473.94    10.44 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    986.21    183.00 MB/sec [256K blocks]

Disk Testのトータルデータを見ると、なんと5倍以上のパフォーマンスです。もちろんプチフリもなしです。

Adata_intel_ssd Macはデータの移行なども簡単ですから1時間くらいで換装成功。

今回は80GBと少なめな容量ですが、過去のデータなどは、AirMac Extreamにつないだハードディスクにすべて保存して、出来る限り身軽にして使います。
それでも47GBぶんしか使っていないから暫くは大丈夫です。

体感できるほど早いですね。さらに期待をしてるのは、バッテリーへの影響。少しでも長持ちして欲しいですね。少し様子見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Clip Music 801 − またまたBluetoothステレオヘッドセットー追記アリ

え〜、先日Jabra BT3030を購入してレヴュー第一弾をやったばかりなのですが、またまたBluetoothステレオヘッドセットです。Clip Music 801という品。
Hiresphoto_clipmusic



i techという会社の製品なんですけど香港、シンガポール、マレーシアでは一番売れてるらしいです。
これもマルチポイント対応(一度に二台の携帯電話を接続できる)なんです。"Clip"というくらいですから、本体がクリップ状になっているんです。本体を襟元などに留めておけるんですね。スペックはというと、

  • Bluetooth speciification v2.1+EDR class 2
  • Supports Bluetooth Headset, Handsfree, A2DP & AVCRP profiles
  • Rechargeable Li-Polymer Battery
  • Talk Time: Up to 5.5 hours^
  • Music Playing Time: up to 5.5 hours^
  • Standby Time: up to 150 hours^
  • Compatible with i.Tech 110 ~ 240Vac switching power charger
  • Weight: 15 grams

Bluetoothのバージョンが2.1ということで少しスペックが上。(←BT3030に比べて)
接続の安定性はアップしています。というのは私のNM705iはBT3030の時には通話終了すると接続が切れたりと、安定しませんでした。Clip Music 801は、今のところ切れてません。
バッテリーに関しては、少しBT3030の方が長持ちなんでしょうね、メーカー公表値によると。
Clip_music_801

iPhoneとの接続に関して、通話は全然問題なし。その前に、おそらくBluetooth v.2.1になったからなのだと思いますが、ペアリングの際に認証コードを入れる必要がなくなってます(Macとのペアリングでも)。ペアリングモードにするとそのまま登録接続できます。

iPhoneでの音楽再生ですが、Clip Music 801側のキーで対応しているのは、音量のアップとダウンだけ。残念ながら、再生スタート、ストップ、曲の先送り、戻りは今のところ対応してません。今後対応するのかもわかりませんが。(BT3030では曲のスタート、ストップもBT3030側でできました。)

ただ、iPhoneとNM705iを同時に接続した際の安定性ではBT3030よりClip Music 801の方が断然上です。とにかく切れない。

それから充電用のケーブルに関してなんですが、BT3030は普通のMini USBで充電できるんですよ。つまりeneloop mobile boosterなんかでも片方がMini USBになっているケーブルさえあれば充電できちゃうんです。Clip Music 801は特殊な(Micro USBをさらに小さくしたモノ)を使ってるんです。なかなかこんなケーブル売ってません。なので付属してきたケーブルをいつも持ち歩かないと心配な感じです。“ちょっとUSBの充電ケーブル貸して!”なんて事ができないんですよ。

どちらもそれぞれイイところあり、不満なところありですが、やはりこの手の物は、接続の安定感は譲れないところですよね。接続が切れたら使っている意味ありませんから。

ということで、一応Clip Music 801は合格点かな。そうそう忘れちゃいけない、音質もそこそこイケてる感じ。

続きを読む "Clip Music 801 − またまたBluetoothステレオヘッドセットー追記アリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、もうすぐ届きます。

またポチっとやってしまった物が、そろそろ届きます。
Ishot1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »