« BlackBerry Bold 変身! | トップページ | Skype for iPhone 使えます! »

MacBook SSDの使用をやめてみた、、、

暫くSSDで快適に使用してきたがちょっとした問題がありやめる事にした。
それは、SSDに換える前には無かった“フリーズ”。巷では“プチフリーズ問題”などと言われているらしい。
私が使用しているTranscendとPatriotのSSDにはどうもこのフリーズを引き起こす原因らしい同じJMicron製コントローラーチップ「JMF602」を搭載した製品のようである。
具体的には以下のような事らしい。

“発生時の共通項は
JMicron製コントローラーチップ「JMF602」を使用している製品である
読み書きが混在して集中した場合
の2点である。原因は問題のコントローラICあるいはその制御ファームウェアであり、読み書きが混在して集中した場合処理速度が極端に低下あるいはICそのものが一時的に無反応に陥り現象が発生すると推測されている。2008年10月現在、ユーザーレベルでの様々な回避方法は報告されているものの製品レベルでの根本的な解決には至っていない。メーカーによる早急な対応が求められている。
またこの問題は大量の読み書きが同時に発生した場合において特に表面化するという特性があり、その関係からかPC環境によっては発生しない(表面化しない)場合がある。また、広く用いられている評価用の各種ベンチマークソフトでもこの問題が起こるかを把握する事は難しい。これは純粋な性能評価を目的としているため、読み込みと書き込みを個別に測定するものが多いのが原因である。さらに、このような条件を測定できるベンチマークソフト自体の絶対数が少ないという実情がある。上記のような背景から、この問題が起こりうるかは十分把握されていない事が多い。

元々の250GB HDDに戻したところフリーズは今のところ一度も発生していない。SSDを使用して、そのデータの読み書きのスピードは魅力的であるが、その代償として頻繁におこるフリーズはいただけない。解決策は無いのでしょうか?

他のモノを探そうと思ったが、現在販売されている低価格のSSDはもれなく上記のコントローラーチップが使われているようだweep

|

« BlackBerry Bold 変身! | トップページ | Skype for iPhone 使えます! »

Mac」カテゴリの記事